44304046_sx

2016年12月アクセスレポ『ユーザー数は11,263人 対前年比169.55%』

2017年1月14日 [アクセスレポート]

今朝は全国的に大雪のようです。

こちら愛知県の幸田町でも積雪がありました。

私には大きな影響はないのですが、世間では今日と明日で大学のセンター試験が開かれていますね。

私も1986年に大学受験をしましたが、当時は「共通一次試験」と呼ばれていました。

いまの若い子に言うと、「なにそれ?」って言われてしまいます。「いまは違うんだ、はぁ~」って思います。

ところで日本は学歴社会と言われます。

高学歴の人の一般的な特徴として、

・受験勉強をやり遂げた体験がある
・学校での勉強が優秀だった
・社会のルールに適応できている
・合理的な思考を訓練してきた
・勉強のやり方を知っている
・デスクワークに慣れている

などが挙げられます。

企業が人を採用する時の目安としては悪くないような気がします。

逆に、その人が持つ個性や潜在能力などを評価するのは非常に難しい。

特に大人数を採用する大企業は、ひとりの審査に掛けられる時間も限られますので、なおさら分かりやすい指標に頼るほかない。

単なる便宜的な仕組みのひとつ。結局そういうことなんだと思います。

だから入社時の学歴社会は、ある程度仕方ないことですが、

入社後の評価や出世にも学歴がついて回るような会社は、あまりよろしくないんじゃないかと思います。

 

では、簡単に本題に触れておきます。(本題が簡単でいいのかっ!)

年始の休みの関係で遅くなってしまいましたが、いつものようにgoogleアナリティクスのグラフをご覧ください。

170114bs 600

セッション(訪問数)は、一日平均529人で対前年比156.31%です。

少し寂しい数字ですが、前年を大きく上回っていますので、これから春に向けて期待します。

そして今日はユーザー数に注目します。

ユーザー数は同じ人が複数回アクセスしてもカウントが増えませんので、基本的には数字に同一のユーザーは含まれません。

つまり2016年12月、ボートセンサーには11,263人の異なるユーザーが訪問してくれたことになります。

某有名ボート雑誌は発行部数が10万部と聞いたことがあります。

お金を出して雑誌を購入したユーザーとネットで訪問したユーザーとでは、広告媒体としての価値は比較になりません。

ボートセンサーはまだまだ力不足であることを痛感します。

はい、もっと上を目指して頑張ります。

ボーターズ編集長 壁谷

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ